やわた・北の国から届いたブルーベリーの口コミ&成分共通の効果

テレビショッピングでもおなじみのやわた(八幡物産)の目のサプリ「北の国から届いたブルーベリー」に配合の成分には共通する効果が?その口コミの評判は?

発症しやすいのはどんな人?緑内障、その4つのタイプとは

ひとことに緑内障と言っても、タイプがいろいろあります。
それは4つにわかれていて、下記のようになっています。

 

原発性閉塞隅角緑内障

 

目の中の房水が出る隅角(ぐうかく)という出口が
もともと狭い人に起こりやすいタイプの緑内障です。

 

隅角が虹彩によってふさがれることで房水の流れがせきとめられ、
眼圧が上昇します。急激にふさがれる急性型と、
徐々にふさがれる慢性型とがあります。

 

眼圧が急に上がる急性型は、目の激しい痛み、頭痛や吐き気などが
突然起こります。

 

原発性開放隅角緑内障

 

隅角という房水の出口が目詰まりを起こすタイプの緑内障です。
房水が排出されにくくなって眼圧が上昇します。

 

③正常眼圧緑内障

 

隅角には何も障害がなく房水の流れも正常、
眼圧も正常であるにもかかわらず緑内障になるケースがあります。

 

じつは緑内障の7割がこのタイプのものなのです。

 

視神経の血液循環が悪かったり、遺伝や免疫、加齢などが原因で、
視神経の方がモロくなり、通常では緑内障を起こさないような
眼圧であっても視神経が障害されやすくなるのです。

 

④続発性緑内障

 

緑内障以外の目の病気や外傷、前進の病気、あるいは薬などの影響で
眼圧が上がるタイプ緑内障です。

 

 

このように緑内障と言ってもタイプがさまざまわかれ、
眼圧の高さが起因といわれる緑内障ですが、意外にも多いのは
眼圧自体は正常で発症する③正常眼圧緑内障なのです。

 

だから眼圧をチェックするだけでは発見ができないケースが
多いのです。

 

眼圧検査のみならず、眼底検査や視野検査も
緑内障を診断する際には行なわれます。