やわた・北の国から届いたブルーベリーの口コミ&成分共通の効果

テレビショッピングでもおなじみのやわた(八幡物産)の目のサプリ「北の国から届いたブルーベリー」に配合の成分には共通する効果が?その口コミの評判は?

やわた・北の国から届いたブルーベリーの成分メグスリノキとは?

やわた八幡物産)の目のサプリ『北の国から届いたブルーベリー
にはメグスリノキエキスという材料が用いられています。

このメグスリノキとは何?
そこを調べていると少し興味深い豆知識が得られましたので、
少しご紹介を・・・。

メグスリノキという植物は文字通り目に効果のある木で、
日本国内にしか生えていないという木だそうです。

カエデ科カエデ属の、樹高が10~25mになる落葉高木だそうです。

古来より民間薬として親しまれてきたメグスリノキですが、
その樹皮や葉を煎じた汁で目を洗眼すると眼病の予防にいいといいます。

その歴史は古く、戦国時代にはすでに眼病の特効薬として
評判になっていたといいます。

戦国時代、豊臣秀吉の軍師として働いた
黒田官兵衛(V6岡田の大河ドラマ)の祖父にあたる重隆
という武将がいます。

この黒田重隆はメグスリノキから抽出された目薬で財をなし、
黒だけの礎を築いた、と言われているほどです。
メグスリノキはこの時代、かなりの評判だったといえます。

江戸時代まで人気があったメグスリノキですが、
明治になり西洋医学が日本に入ってきたことで、
いつしか忘れ去られていったといわれます。

古い民間薬だからといっても、
効果が薄いというわけではなさそうです。

メグスリノキには結構多くの有用成分が含まれているようですよ。

メグスリノキが再度注目され研究され始めたのは
1971年頃からといわれます。

エピ・ロドデンドリン、α-アミリン、β-システロール、
ケルセチン、エラグ酸カテキン、ゲライニンなどが
成分として含まれています。

α-アミリンは血圧や血糖値の降下作用や利尿作用があり、
β-システロールにはコレステロールの吸収を抑える作用があります。
目にいい成分というよりは何だかメタボにいい成分という感じですね。

目にいいのはカテキンやゲライニン。
カテキンには目の粘膜の保護・修復作用があるといいます。

ゲライニンには抗菌作用があり、ただれ目、はやり目、
アレルギー性結膜炎に効果的です。

また、ケルセチンはアレルギーの抑制作用があり、
エラグ酸は抗酸化作用をもっています。

この「抗酸化作用」というのが目にとってはカギとなる作用です。

光を常に受けている目の組織というのは、その光によって変性、
特に酸化することが必至で、それが目の老化の元となります。

それを食い止める「抗酸化作用」というのが重要なのですね。

しかし、メグスリノキの主要成分はこれらではなく、
ロドデンドリンです。

ロドデンドリンが存在することで、さきほど上げた成分が
相乗効果を発揮し、その効果を増すのだそうです。

また、ロドデンドリンの単体としての効果は、炎症を抑制する作用、
肝臓の解毒作用を活発化させて肝機能を高める効果、
目の周りの水分を排泄する利水効果、血行を良くする効果があげられます。

中国の山奥とかに秘薬があるというような話はちょいちょい聞きますが、
日本にもこんな秘薬とも呼べるようなものがあったのですね。
しかも日本国内にしか自生しないジャパン・オンリーですから。

やわた(八幡物産)が『北の国から届いたブルーベリー』に
メグスリノキを採用した理由、わかるような気がします。

恐い正常眼圧緑内障、原因は?その予防と対策に重要なものとは?

緑内障にもタイプが4つあり、眼圧が高いことばかりが原因ではない
ということを別の記事で書いてまいりました。

眼圧が正常であるにもかかわらず発症する「正常眼圧緑内障」が
むしろ緑内障の中で多数を占めるというのが事実です。

その原因は、遺伝的要素もあったりしますし、
加齢や視神経への血液循環が悪いこともあげられます。

また、生活習慣や食習慣の乱れ、喫煙、(精神的)ストレスにより
体内に活性酸素が発生し、それが視神経や網膜を傷つけてしまう
「酸化ストレス」が原因にもあげられます。

血液循環をよくしつつ「酸化ストレス」から目を守る成分を
摂取することが、他の眼病予防も含め、緑内障予防対策にも
重要になるのです。

テレビショッピングでもおなじみのやわた(八幡物産)のサプリ
北の国から届いたブルーベリー」には、網膜を酸化から守る
ルテインアントシアニンが含まれています。

また、別の記事ではメグスリノキエキスが使われているとお話
しましたが、メグスリノキの有効成分ロドデンドリンには、
目の周りの水分を排泄する利水効果があります。

これが緑内障の眼圧抑制に功を奏すると考えられています。

緑内障は、最悪の場合失明に至ってしまう恐い病気です。

日頃から予防に努めるようにしていくことが重要と思いますよ。

 

発症しやすいのはどんな人?緑内障、その4つのタイプとは

ひとことに緑内障と言っても、タイプがいろいろあります。
それは4つにわかれていて、下記のようになっています。

 

原発性閉塞隅角緑内障

 

目の中の房水が出る隅角(ぐうかく)という出口が
もともと狭い人に起こりやすいタイプの緑内障です。

 

隅角が虹彩によってふさがれることで房水の流れがせきとめられ、
眼圧が上昇します。急激にふさがれる急性型と、
徐々にふさがれる慢性型とがあります。

 

眼圧が急に上がる急性型は、目の激しい痛み、頭痛や吐き気などが
突然起こります。

 

原発性開放隅角緑内障

 

隅角という房水の出口が目詰まりを起こすタイプの緑内障です。
房水が排出されにくくなって眼圧が上昇します。

 

③正常眼圧緑内障

 

隅角には何も障害がなく房水の流れも正常、
眼圧も正常であるにもかかわらず緑内障になるケースがあります。

 

じつは緑内障の7割がこのタイプのものなのです。

 

視神経の血液循環が悪かったり、遺伝や免疫、加齢などが原因で、
視神経の方がモロくなり、通常では緑内障を起こさないような
眼圧であっても視神経が障害されやすくなるのです。

 

④続発性緑内障

 

緑内障以外の目の病気や外傷、前進の病気、あるいは薬などの影響で
眼圧が上がるタイプ緑内障です。

 

 

このように緑内障と言ってもタイプがさまざまわかれ、
眼圧の高さが起因といわれる緑内障ですが、意外にも多いのは
眼圧自体は正常で発症する③正常眼圧緑内障なのです。

 

だから眼圧をチェックするだけでは発見ができないケースが
多いのです。

 

眼圧検査のみならず、眼底検査や視野検査も
緑内障を診断する際には行なわれます。

恐い眼の病気「緑内障」の症状と原因とは?

目に入った光が網膜に当たり、そこで電気信号に変わり
視神経に伝達されて脳まで届き「見える」という反応になる。

これが目で光をとらえてみるというメカニズムですが、
そのうちの視神経がヤラれるのが緑内障という病気です。

視神経に障害が起こると見える範囲つまり視野が
欠けていくのです。

視神経への障害は、目の中の内圧つまり「眼圧」が上昇すること
が関係して起こります。

そもそも眼球が丸い形をしているのは、目の内側から外側へ
圧力がかかっているからです。

目の中を房水という液体が循環し、新しい房水ができては
古い房水が目の外に出ていきます。

その出口のことを「隅角」(ぐうかく)というのですが、
隅角が閉じたり詰まったりすると房水の循環が
うまくいかなくなり眼圧が上昇します。

眼圧が上がると眼球の奥にある視神経が圧迫され、
障害されやすくなり、目から脳に伝わるはずの情報が
伝達されなくなり、視野が欠けてくるのです。

緑内障により欠けた視野は元の状態に戻すことができません。
ですので、早期発見と、進行を食い止めるための継続的な治療が
重要になります。