読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やわた・北の国から届いたブルーベリーの口コミ&成分共通の効果

テレビショッピングでもおなじみのやわた(八幡物産)の目のサプリ「北の国から届いたブルーベリー」に配合の成分には共通する効果が?その口コミの評判は?

やわた・北の国から届いたブルーベリー成分共通の効果と口コミ

テレビショッピングでも評判のやわたの話題の目のサプリ
北の国から届いたブルーベリー』には豊富なアントシアニン量を誇る
北欧産ビルベリーエキスが材料として使われています。

さらにそのほかに、別の記事でお話しした
メグスリノキやカシスエキス、β-カロテン、ルテイン
DHAやEPA、そしてコエンザイムQ10が用いられています。

これらの成分、調べてみると、その効果共通点があります。

実はこれらの成分はみな、『抗酸化作用』をもっているか、
または『血流改善』の作用をもっているのです。

◆ 『血流改善』の作用をもつ成分をとりそろえた理由とは?

DHAやEPAはお魚に多く含まれる成分で、
血液をサラサラにする効果や動脈硬化予防といった効果を
もっています。

そしてメグスリノキにも血行をよくする作用があるということは
別の記事でお話ししました。

なぜ同じ効果の材料を何種類もとりそろえるのか?
というものにとって『血流改善』がそれだけ重要
ということなのです。

実はそう・・・、目って、血流が悪いと、さまざまな障害を
引き起こすようになっていくのです。

血流が悪くなると、目の網膜は酸素不足になります。
その酸素不足を解消しようとして目は、
網膜に新たに血管を増やそうとします。


そうしてできた血管を「新生血管」というのですが、
この「新生血管」はもろい・破れやすいという性質を持っています。

血管が破れると、当然そこから出血、
そして炎症、あるいは障害が起こります。

「新生血管」が張り巡らされればされるほど、
その確率・可能性が高まるというわけです。

 

だから、日頃から酸素不足にならないよう、
血流をよくしておくことが非常に重要になるのです。
おわかりでしょうか。

やわた(八幡物産)の『北の国から届いたブルーベリー』は、
そこにしっかり重点をおいたサプリというわけです。

>>八幡物産【北の国から届いたブルーベリー】<<


◆ 『抗酸化作用』はなぜ大事?

さて、このサプリの、メグスリノキ、ビルベリーエキス、
カシスエキス、β-カロテン、ルテインコエンザイムQ10、
これらには共通して『抗酸化作用』があります。

抗酸化作用』とは、体の中で「活性酸素」が発生するのを
おさえるか、あるいは発生した「活性酸素」を除去する作用です。

活性酸素」は細胞が持つ物質と反応して細胞を傷つけたり
してしまいます。これがいわゆる老化のもとになります。

つまり、「活性酸素」の発生を抑えるということは、
老化防止、アンチエイジングにつながるということです。

これは目についても同じです。
というか、目にとっては特に重要となります。

光を感じる器官である目は、紫外線などの有害な光も一緒に
毎日もろに浴びています。
この有害な光が「活性酸素」の発生を誘発します。

光を浴びるのが役目である目は、
他の体の部分よりも過酷な環境にあるというわけです。

だから『抗酸化作用』というものが目にとっては重要なのです。
ご理解いただけますでしょうか。



ビルベリーとカシス、なぜ同じアントシアニンをとりそろえた?

いくら『抗酸化作用』が大事とはいっても、
別々の材料から同じ成分を抽出して配合することは非効率ですよね。

北の国から届いたブルーベリー』にはアントシアニン
含まれているのですが、まさにビルベリーとカシス両方から
抽出している状況なのです。

なぜなのでしょう?

そう思って詳しく調べてみると・・・・、分かりました。
ちゃんと理由があるのです。

一言で「アントシアニン」といっても、
じつは500種類以上の「アントシアニン」があるのです。

だから、ビルベリーとカシスに含まれるアントシアニン
違った種類のものになります。

カシスに含まれるアントシアニンにはビルベリーにはない
2種類のアントシアニンがあり、違った特徴をもちます。

それは、カシスのアントシアニンの特徴は摂取してからの吸収、
そして体内で作用するまでの時間が非常に短いことです。
要するに即効性があるのです。

どれだけ即効性があるのか・・・?
試してみたい気持ちになりますよね・・・。

◆ そんな『北の国から届いたブルーベリー』、口コミでの評判は?

85歳の女性がメガネなしで楽譜を読める!
なんていう評判もあります。

しかし、サプリが初めてというよりは、目のサプリを他にも
色々試してきたという人の感想がネット上で多く見つかります。

お値段がリーズナブルなのが、他のサプリの経験者が
乗り換えてくる理由なのでしょうね。

そして、やはり他のサプリとは実感が違っているらしく、
目の疲れ具合が服用前と服用後とでは違うことが判る
といいます。

実は楽天市場でもこのサプリ、販売されています。
お値段は2000円台前半。
これだけでも充分安いと言えるかもしれませんね。


でも、公式ページでしか設定されていない定期購入で購入した方が
さらに安価に入手できます。

購入を検討するなら公式ページはチェックすべきですよ。

やわたの『北の国から届いたブルーベリー』は、目のサプリの費用を
おさえたいという人、そしてそれでも効き目や質は下げたくない、
いや、むしろ上げたいという方におすすめといえます。

 

公式ページには実際に使用した人の口コミも続々と入っていますから、
その口コミだけでもチェックするといいと思いますよ。
公式ページへは下記画像をクリックすれば移動できます。よければ。

やわた北の国から届いたブルーベリーと合わせて飲みたい成分とは

やわた八幡物産)の通販から出ている目のサプリメント
北の国から届いたブルーベリー」にはビルベリーエキスを含めて
色々な原材料が使用されています。

別の記事で詳しく紹介したマリーゴールド抽出物にはルテインという
有効成分が含まれていて、これは「天然のサングラス」とも
呼ばれています。

目の水晶体(レンズ)の中に存在する成分で、白内障などの予防効果が
あるといわれています。また、網膜で起こる加齢黄斑変性症の予防にも
効果的といわれています。

そんなルテインと一緒に摂ると相乗効果を発揮して
さらに効果を増してくれるという成分があります。

それが、リコピンという成分です。

トマトの特に皮の部分に含まれる成分です。
赤い色をしている成分なのですが、
トマトの赤はこのリコピンという成分の色なのです。

抗酸化力があり、がんの抑制効果があるのではと
期待されていたりする成分です。

繰り返しになりますが、ルテインを単独でとるよりも
リコピンと一緒に摂ることで相乗効果が期待できるのです。

そしてこのリコピンで嬉しいのが、サプリでなくとも手軽に
摂取できるという点です。

生のトマトを食べるよりはむしろ、それを絞ったり砕いたりした
トマトジュースや、トマトを煮込んだ料理などで摂る方が
効率的なのだそうです。

理由は、トマトの硬い皮に多く含まれる成分なので、
生で食べるとその硬い皮で吸収が阻害されるからです。

だから、市販のトマトジュースで充分。

トマトジュースinワイングラス

トマト料理と一緒に、というのもたまにはいいと思いますが、
サプリを飲むときにコップ一杯のトマトジュースと合わせて
飲むのが一番お手軽だと思います。

あなたもよければ、トマトジュースとの合わせ技、
やってみてください。

やわた北の国から届いたブルーベリーの成分マリーゴールドとは?

目のサプリをいろいろと検討している人なら、
もうご存知だと思いますが、ルテインという目の健康にとって
重要な成分があります。

ルテインは目の水晶体や網膜の黄斑部などに多く存在し目を
紫外線やPC画面などから出るブルーライトから守る役割を
はたします。

そのルテインという成分は、マリーゴールドという
キク科の植物の花から抽出されるのです。

マリーゴールドの花

そんなマリーゴールドについて、第2次大戦中のちょっと興味深い
おはなしがあります。

イギリス軍が「ブルーベリーのお陰で目がよくなった」という
ウソの宣伝を流したのですが、これにドイツ軍がまんまと反応。

その情報をドイツ軍が信じこんだまではいいのですが、
さすがドイツ軍。

ブルーベリーよりももっと効果の高いものをと探したのです。
探しあてた結果見つかったのがマリーゴールドというわけです。

マリーゴールドにはルテインとは別に「ヘレニエン」という色素が
含まれているのですが、これは今現在も目の薬として使用されている
といいます。

イギリス軍にとっては何とも皮肉な結果になったわけです。
しかも、ブルーベリーも目にいい成分、ありますからね・・・。

やわた八幡物産)からは、マリーゴールド抽出物(ルテイン)を
主成分としたサプリが別で出ています。

それでも『北の国から届いたブルーベリー』の方にもあえて
この成分を配合するのですから、このマリーゴールドというものが
いかに重要なのかということが感じられますね。

いかがでしょうか。

やわた・北の国から届いたブルーベリー定期便最安の購入方法とは

やわた八幡物産)のサプリ『北の国から届いたブルーベリー』は、
公式ページで「らくらく定期便」という定期購入コースが
設定されています。

楽天市場でも販売されている『北の国から届いたブルーベリー』ですが、
楽天市場では定期購入コースの設定はありません。

そして、通常価格より5%安くなる、というのが
「らくらく定期便」です。
楽天で買うよりは公式ページ経由で買う方が幾分安くなります。

でもそれだけ?
もうちょっと割引いてくれたらなぁ・・・
そんなふうに思う人もいると思います。

初回割引とかも設定されておらず、なんとなく地味なイメージの
らくらく定期便」、もう少し安くなるようなコースはないのか?

じつは、あります。

さらに5%、合計10%の割引が受けられる購入方法が
あるのです。これが最安だと思いますよ。


さて、それはどんな購入方法なのか?どんなメリットがあるのか?

普通の定期購入は、1か月に1回配送されるというものですよね。
やわたの「らくらく定期便」は、その配送頻度を変えることで
お値段を下げることができるのです。

2ヶ月に1回で2ヶ月分を、または3か月に1度で3か月分を
まとめて配送するのです。

通常価格では2160円に送料216円がかかって2376円。
1か月に1回の定期便は5%割引で2052円。
送料216円がかかって合計で2268円となります。

それが、同じ定期便でも3か月に1回コースになると10%割引の
5848円(3か月分)になります。しかも毎回かかる送料も無料に!

1か月分が2000円を切る値段になるといいなと
思っている人にとっては都合がいいのではと思います。

良さそうなサプリで2000円を切るものって、
なかなかありませんからね・・・。

北の国から届いたブルーベリー』の購入をもう決めているのなら、
最安で買える「3か月に1回のらくらく定期便」がおすすめですよ。

定期便の内容チェックはこちら
↓↓↓           ↓↓↓

やわた・北の国から届いたブルーベリーの成分カシスエキスに疑問

やわたの目のサプリ『北の国から届いたブルーベリー』には、
ビルベリーをはじめ、DHAEPA、そして別の記事で紹介しました
メグスリノキなど、目にいいさまざまな素材が使われています。

そのうち、「カシスエキス」というものも使われています。
この「カシスエキス」について調べてみました。

カシスは、ケーキなんかの上に、

↓↓↓こんな風にのっているベリーっぽい果物です。

カシスが乗ったショートケーキ

 でも、ブルーベリーとはまったく違った種類に属する
植物なのだそうです。

カシスの実にはアントシアニンという天然色素が
たくさん含まれています。

アントシアニンは、ご存知の方も多いと思いますが、
非常に強い抗酸化力を持っていて、目を紫外線などの有害な光から
守る働きをもっている成分です。

さらに、ビタミンCはオレンジの約3倍、ビタミンEは4倍含まれ、
夜盲症の予防改善効果などを持つビタミンAやβ-カロテンも
オレンジと同程度の量含まれています。

ビタミンCやEも抗酸化力を持つ成分です。

こういった成分を持つカシスですが、その効果は、
 

・目のピント調節機能の維持

緑内障の進行を抑える

・目の下のクマの解消

 

そして、疲れ目を軽減する効果やインフルエンザを予防する効果も
あるといいます。

ここである一つの疑問を私は感じました・・・。

ビタミン類やβ-カロテンは、他の果物や緑黄色野菜からも
抽出できる成分です。

なのに、なぜカシスなのか?

最初に出しましたアントシアニンという成分、
これは、やわたの『北の国から届いたブルーベリー』のメインの
材料であるビルベリーエキスにたくさん含まれているはず・・・。

だからカシスなんて、不要なのでは?


要するに、カシスエキスがビルベリーとかぶるといいますか、
ダブってしまっているように感じるのです。

なぜ?やわた(八幡物産)はビルベリーとカシスエキス両方を
このサプリの材料として採用したのか・・・

それはやはりアントシアニンという成分に秘密があったようです。
その秘密については下記の記事に書きました。
よければこちらもご覧ください。

↓↓↓

やわた・北の国から届いたブルーベリー成分共通の効果と口コミ

やわた・北の国から届いたブルーベリーの成分β-カロテンの効果

船越英一郎のテレビコマーシャルで評判のやわたから出ている
目のサプリ『北の国から届いたブルーベリー』にはβ-カロテン
という成分が配合されています。

このβ-カロテンにはどんな特徴や効果があるのか?
摂取するうえで注意するべきことは?
そこを少し調べてみました。

β-カロテンはかぼちゃ、にんじん、すいか、ブロッコリーといった
緑黄色野菜などに多く含まれる成分です。カロテノイドの一種である
β-カロテンは強い抗酸化力をもっているのが特徴です。

ですので、目に対しては加齢黄斑変性を予防するなど、
眼病の予防に効果がありますし、そのほか体には、がんの予防や
抑制に効果があるのではと期待されています。

それから、β-カロテンは、体内で必要量に応じてビタミンAに
変化するという特徴をもっています。

で、このビタミンAはシブい働きをもっています。
何かというと、他の栄養素の働きを促進するという働きです。
だから、他の成分と一緒にいろいろ摂るということが大事になります。

そしてさらにビタミンAは、夜盲症を予防改善する効果を
もっています。目のサプリ成分としても有用と言えます。

夜盲症とは、夜間や暗い場所での視力が極端に悪くなる疾患です。

β-カロテンは、そんなビタミンAのもととなるのです。
しかも「必要量」だけ。ここが興味深い特長ですよね。

だから、ビタミンAを直接摂るよりも、摂り過ぎや不足が
ないというのもメリットになります。

でも、だからといってβ-カロテンを摂り過ぎていいかと言えば
それはちょっと考え物です。

摂り過ぎにより血中カロテノイド濃度が上昇すると、
柑皮症(かんぴしょう)」という、手のひらなどの皮膚が
黄色くなる症状がでることがあるからです。

β-カロテンの効果や働きをまとめると、

 ・夜盲症の予防改善効果

加齢黄斑変性症の予防

・がんの予防抑制

そして、β-カロテンから変わったビタミンAの効果として
美肌効果なんかもあります。

サプリ選びの際に、参考にしてください。

図書館でメグスリノキのこと、さらにちょっと調べてみた。

先日、仕事が休みの日ですが、図書館に子供と一緒に行きました。
家のすぐ近所に図書館があるので、散歩がてらに・・・。

やわたの目のサプリ『北の国から届いたブルーベリー』に
材料として使われているメグスリノキという植物が
どんな植物なのか?それを足を向けたついでに調べてみました

絵とかがあれば見てみたいなぁ、と思って図鑑とかをさがして
見てみたのですが、40年以上前の植物図鑑に少しだけ記載が
ありました・・・。

メグスリノキはカエデ属という種類に属する落葉高木。
葉の形が「複葉」になっているのが特徴です。

メグスリノキは複葉をもちます。

「複葉」とは、葉の切れ込みが深くなり、主脈にまで達して
葉面が2つ以上の小さな葉になったもののことをいいます。
ちなみにその小さな葉を小葉といいます。

日本にあるカエデ属の木で複葉なのはメグスリノキとミツデカエデ
だけだということです。
(ま、「複葉」か「単葉」かはあまり必要のない情報かもしれませんが)

葉にも果実にも毛が多い、というのも特徴のようです。
メグスリノキの場合は、小葉が3つのタイプ。本州、四国、九州に
自生しているということです。

この木の樹皮を煎じたものを洗眼薬として用いていたので
「メグスリノキ」という名前になったそうです。

この木の呼び名はそれだけでなく「チョウジャノキ」という
呼び名もあるそうですが、その語源については不明とのことでした。

子供と一緒にフラッと訪れた図書館でしたが、
ほんのちょっと勉強できてよかったかな・・・。

※参照図書・・・『原色日本植物図鑑(保育社)』
『標準原色図鑑全集8 樹木(保育社)』